睡眠を効果的に活用!美容に効果的な眠り方

睡眠不足とダイエットとの関係

睡眠不足になると、頭がいつもより回らなくなったりしますが、実は太ることの原因にもなってしまうということをご存知でしょうか。ホルモンには、食欲を抑制しているレプチンと、逆に食欲を増す働きをするグレリンと呼ばれるものがあります。睡眠不足になると、レプチンが減ってしまい、グレリンが増加することで空腹を感じてしまいやすくなるのです。こうしたホルモンが分泌される量を整えてバランスを保つためにも、7時間から8時間程度の睡眠を確保して太りにくい体質を目指しましょう。

睡眠の質を上げる方法とは

ぐっすりと眠って気持ちよく目覚めた日は、お肌の調子も良く感じますよね。睡眠の質を上げるためには、スムーズな入眠できるように照明を抑えて、寝室の環境も静かに整えることが大切です。また、就寝の前に体温を上昇させておくのも効果的です。お風呂に浸かったり、足裏マッサージをしたり、冷え症の方なら靴下なども利用して体温を上げるように心掛けましょう。寝る前にパソコンなどの液晶画面を見ることは、メラトニンと呼ばれるホルモン分泌が抑制されていまい、寝つきが悪くなったりする原因になるので控えましょう。

寝ている間に効果的にスキンケアを

寝ている間に成長ホルモンが分泌されることがよく知られていますが、このホルモンは脂肪の分解にも携わっています。また、古い細胞などを修復する働きや、新陳代謝を促す機能も備わっているので、睡眠時間をスキンケアの時間として有効に活用すると効果的なんですよ。寝る前には、化粧水をしみ込ませたローションパックを入念に行ったり、クリームやオイルを使って肌の水分をキープするのを忘れないようにして、肌の状態を整えることが大切です。睡眠時間はいわば肌をケアするゴールデンタイム。寝る前の念入りなスキンケアで、翌朝の肌の状態が変わってくるはずです。

品川美容外科の判例について調べる